フランス旅行記 1/16 8:10

読了時間:約 7分




前回の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1278399705&owner_id=4480846

写真
http://cid-759b9ed6fbce3f40.skydrive.live.com/browse.aspx/%E5%86%99%E7%9C%9F

地下鉄のサックス奏者

二日目を振り返ります。

朝7時に目覚ましが鳴る。
暗いっていうか、まだ夜ですね?。
とりあえず朝食は事前情報でパンとコーヒーのみです、
みたいな事を書いてあったので、あまり期待をせず
1Fの食堂まで行ってみる。

受付の人?に「ボンジュール」と一応あいさつする。
2人ほど先客がいました。
テキトーにその辺のテーブルに座ると、
パンが運ばれてきました。しかも3つも!
小さいフランスパンとクロワッサンとチョコが入ったクロワッサン。
コーヒーは最近のどこのファミレスにあるみたいな
自動で入れてくれるやつが置いてある。

その横にはバイキング方式で

ハム、ゆで卵、牛乳、オレンジジュース、
コーンフレーク、クリームチーズ、チェダーチーズ、ジャム、蜂蜜・・・

全然期待していなかったけど、すごく美味しくて大満足です?。
今回どこ行ってもフランスパンが出てくるけど、噛み切るために
パンをかじると上あごがフランスパンの固い所にあたり、
かなりキズだらけになりました。

ふとフランス人がそのフランスパンを食べている所を見ると、
ナイフをうまく使い、フランスパンを半分に切って、
ジャムやらハムやらチーズやらをはさんで食べていました。
なるほど?。

自分はフランス人は上あご強いから大丈夫なんだと勝手に
決め付けていましたが、ちゃんと食べ方があったんだなあと認識しました。

さて、朝食も終わり、シャワーを浴びて、
いざ!ルーブルへ!!

あいにくの小雨模様でしたが、気温は思ったよりは寒くないです。
東京と変わらない感じ(あくまでも1月時点です)
ただ、8時30分過ぎているのにまだあたりは暗い。
地下鉄でルーブルを目指すが、初日AIRフランスバスが確認出来なかったので、
モンパレナス駅まで歩いてみました。
通りを練り歩いていると、パリは交通ルールがあまりよくない感じ。
おまけにオマワリもガンガンサイレン鳴らして、
大名行列の如く走り去っていく。
お国がらなのでしょうか。

モンパレナス駅に到着。
かなりでかい駅で初日地下鉄が出た出口とは真逆の場所。
これではホテルへの道は探せないと思いました。
地下鉄の地図でルーブル美術館の文字を見つけ、
4号→1号乗り換えで到着する事を確認!

ここでフランス初心者のための地下鉄の切符の買い方(個人的なので間違ってるかも
1.販売機の前面にあるゴロゴロ(上下を選択するもの)回す
2.セレクトボタンを現金かカードかを選んで右のボタンを押す
3.色々路線が出てきますが、1枚か10枚か定期を選ぶ(多分)
4.一番上(多分1枚購入)を選択する
5.最後に領収書いる?にNonで答える
6.すかさずお金を入れる(だいたいお札は使えない所が多い)
でかい駅ならお札が使えました。

地下鉄に乗り込むと、小さめのサックス(楽器ですよ)
を持った人がおもむろにサックス(楽器ですよ!)を電車の中で吹き出した。
回りのフランス人は無関心を装っていたが、自分的にはすごくなごみました?。

1号線に乗り換え?。
もうすぐルーブル駅に着く。ルーブル駅に到着!

あれ、結構な人が降りると思っていたのに全然降りない。

・・・結果的にもうひとつ先の駅がルーブル美術館駅だったらしい。
(ルーブルリボリっていう駅で降りていました)
でも、これから行く人は、こちらの駅で下車することをお勧めしますよ?。
ピラミッド(ルーブルの入口)まで少し歩きますが、
その手前にある建物の中庭を突っ切る形になりますが、
その建物自体を見学するだけでも感動します。

その中庭にはフランス軍(迷彩服着てたけど警察かも)が機関銃をもって
闊歩していました。
今回自分の服装はゴアの迷彩柄のジャケットを着用していたので
内心びくびくしてましたが、あちらは全然無関心でした?。
まあ、下はジーパンだったからですかね。

さあ、見えてきましたよ!あの有名なガラス張りのピラミッドが!!
今回日本でミュージアムパスなるものを購入しておいたので、
そのままパスを見せて悠々と入場?。

ルーブルの感想は細かくは書きませんが(はっきり言ってすべてがすごくて書ききれません)
・中は暑い(Tシャツでおっけ?)
・一番端まで行って道がよく分からなかったから一旦外に出て再入場しようとしたら
 入れなかった(ティーシャツ姿で外に出たのですげ?寒かった。プチ凱旋門のそば)
・美術館内で絵を書いている人がたくさんいたです
・とにかく広い!自分は地図も見ずテキトーに歩いたので、何回も外に出されたり
 同じ所を回ってしまった(結局全部見れなかったわりに5時間あるきっぱなし)
・主に展示されているものを分けると
1.絵画
2.彫刻
3.エジプト関係
4.その他
に分類されるのかな(完全に主観です
・自分の好みはヨーロッパの絵画エリアがすごくよかった
・モナリザは遠すぎてよくワカラナッタ(しかも小っさ!
・ニケ最高!(あの圧倒感は感動です
・ビーナスは前よりも後ろ(ようするにケツですね)がすげ?よかった
・ピカソ、ドラクロア展が開催されていて特にピカソが見れてラッキーでした
・動物の絵の中で、なぜかうさぎを狩った絵が多くみられた
・彫刻のエリアはみなすごく圧倒される(今にも動き出しそうなやつばっか)
・なぜかモアイがいた
・どれひとつとってもすばらしい作品ばかりだが、
 あれだけ広い敷地に蒼々たる作品が並べられると
 ある瞬間から普通に思えてくるから不思議。人間って罪深いですね。
・道を間違え何回か外に出され、仕方が無いからプチ凱旋門のそばの
 露店のカフェで小休止。そこで食べたフランスパンハムチーズサンドと
 コーヒーがとてもおいしかった。でも上あごは相変わらずキズだらけ

ルーブルの中をを5時間歩き続け、さすがにヘトヘトになり、おなかも空いてきたので
後髪を引かれつつルーブルを後にして食べ物を探す。
ルーブル美術館とつながっている所(駅ビルみたいな所?)をてくてく歩いていると
フードコートみたいな所を発見。
14時を過ぎているのに、すごい賑わっている。
お店を物色していると、スペイン料理の所が特に混んでる。
自分もその列に加わり、パエリアとサラダ、エビアンを指差す(言葉全くワカリマセン)
13 EURO ちょい。
テキトーに座り、がっつく。お腹が空いていたので
全然美味しく食べられるけど、実はたいしてうまくない・・・
となりの人が食べていたローストビーフの方がよっぽどうまそう?。

・・・ふう。お腹も満たされやっと落ち着きました。
小休止をはさんでオランジェリー美術館を目指します。

ルーブルとつながっている駅ビルみたいな所にチョコレート屋を発見。
そこにあるチョコエクレアがめちゃめちゃおいしそう?。
たまらず購入。4 EURO (高い・・・
けど、エクレアの中に入っているチョコレートムースが絶品!
しっとりしていて、上品な甘さ。ぺろりと食べちゃいました?。

さてさて、次は睡蓮ですよ!


カテゴリー: お勧め, 徒然,   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。